須坂新聞WEBサイト 【高山村議会】コロナ対応事業に1億円余~8日に一般質問
須坂新聞
今日は何の日
6月14日(月)
●日記の日
1942(昭和17)年、ユダヤ人の少女アンネ・フランクによって「アンネの日記」が書き始められました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス
須坂新聞
ニュースヘッドライン
【高山村議会】コロナ対応事業に1億円余~8日に一般質問(2021.06.05)

 高山村議会6月定例会は3日開会し、11日までの日程で開く。

 村は総額1億3,099万5,000円を追加する本年度一般会計補正予算案など13件を提出した。初日に専決処分5件を承認、議員提案の村議会会議規則の一部を改正する規則1件を可決した。
 本年度一般会計補正予算案は、国の新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金1億739万7,000円の活用事業が中心。
 コロナ禍で打撃を受ける事業者を支援する事業継続給付金4,750万円、融資利子補給金・借入保証料負担金1,100万円、村内バスツアーを応援する補助金600万円などを計上した。
 低所得子育て世帯の生活を支援する給付金883万円余、感染防止対策で高齢者施設の職員と利用者の自主検査費補助金1,000万円(県補助金650万円含む)なども盛った。
 今後の主な日程は▽8日 一般質問▽9日 常任委員会▽11日 委員長報告、質疑・討論・採決。8日の一般質問は、新型コロナワクチン、にぎわいの場などで8人が質問する。通告は次の通り。
◇西條正純▽コロナワクチンキャンセル分の扱い
◇湯本辰雄▽山田牧場のにぎわいの場施設建設
◇高井央葉▽にぎわいの場を取り戻す方策等として集まったご提案▽生理用品の無償配布
◇黒岩清道▽村の文化交流施設
◇柴田弘男▽村長公約のにぎわいの場創出事業
◇水谷清▽観光施設への支援▽給付型奨学金の支援
◇西原澄夫▽村の機構改革(役場組織の改編)
◇酒井康臣▽再生可能エネルギー

 

TOPへもどる