須坂新聞WEBサイト 【須坂市動物園】シロフクロウが仲間入り~今後の繁殖に期待
須坂新聞
今日は何の日
8月2日(月)
●ホコ天記念日
1970(昭和45)年、銀座・新宿などではじめて歩行者天国が実施。警視庁が、「人間性を取り戻す政策」として、週末の銀座・新宿・池袋・浅草で自動車の交通を全面規制して歩行者天国を実施。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス
須坂新聞
ニュースヘッドライン
【須坂市動物園】シロフクロウが仲間入り~今後の繁殖に期待(2021.07.22)

 須坂市動物園に9日、シロフクロウ2羽が仲間入りした。

 オス、メス1羽ずつ。同園では、今後の繁殖に期待している。
 オスの「ムース」(8歳)とメスの「チップ」(10歳)。秋田市大森山動物園からやって来た。
 同園によると、2羽はこれまでにも繁殖経験があるつがい。今シーズンも秋田で卵を産んだという。須坂でのひな誕生は、早くて来年を見込んでいる。
 シロフクロウは、北極圏のツンドラ地帯に生息する大型のフクロウ。同園では、昨年9月にオスの「ハク」が病気で死んでから、シロフクロウの飼育はしていなかった。
 飼育担当の笹島優里華さんは、16日の本紙取材に「(新しい環境に)最初はずっと緊張しているような感じだったけど、少しずつ落ち着き始めている。シロフクロウは表情がとても豊か。笑っているように見えるときもありますよ」と話している。

 

TOPへもどる