須坂新聞WEBサイト 願い事 天まで届け~小山小で七夕の伝承行事
須坂新聞
今日は何の日
8月2日(月)
●ホコ天記念日
1970(昭和45)年、銀座・新宿などではじめて歩行者天国が実施。警視庁が、「人間性を取り戻す政策」として、週末の銀座・新宿・池袋・浅草で自動車の交通を全面規制して歩行者天国を実施。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス
須坂新聞
ニュースヘッドライン
願い事 天まで届け~小山小で七夕の伝承行事(2021.07.22)

 小山小で16日、願い事がかなうようにと、短冊を燃やして天に煙を届ける七夕の伝承行事「笹(ささ)送りの会」が行われた。

 同校の恒例イベントで、PTA有志による栃の木応援隊(三井博史隊長)が企画した。
 コロナ禍の中、全校児童が密を避けて、遠巻きにグラウンド中央のささ飾りを囲んだ。15秒間、願い事を心に描いてから応援隊員が点火。あっという間に炎と煙を上げ、全校児童354人の願いを天に運んでいった。
 4年生の花岡芽生(めい)さんは短冊に「家族で旅行に行きたい」、永田瑠夏(るか)さんは「家族みんな健康でいられるように」、太田愛琉(あいる)さんは「家族の健康と野球がうまくなるように」と書いたといい、「かなうといいなー」と声をそろえた。
 栃の木応援隊の三井隊長は「あっという間に燃えてしまったが、子どもたちが喜んでくれて良かった」と話していた。

 

TOPへもどる