須坂新聞WEBサイト 来年開催の善光寺御開帳の回向柱に豊丘の杉
須坂新聞
今日は何の日
9月20日(月)
●バスの日
日本バス協会が1987(昭和62)年に制定。1903(明治36)年、日本初の営業バスが京都・堀川中立売~七条~祇園の間を走行する。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス
須坂新聞
ニュースヘッドライン
来年開催の善光寺御開帳の回向柱に豊丘の杉(2021.09.11)

 来年の善光寺御開帳(4月3日~6月29日)で、須坂市豊丘地区の杉が、本堂前に建てる「回向柱(えこうばしら)」になる。

 5日、豊丘地区の山林で「斧(おの)入れ式」があった。長野市松代地区の住民らでつくる「善光寺回向柱寄進建立会」によると、原木を須坂市内から調達するのは初めてという。
 回向柱になる杉は、須坂市の木に制定されているクマスギで、高さ約30m、目通り(目の高さ)周囲約2m。樹齢は150年以上と推定される。一帯の山林所有者で、酪農業を営む小林昇さん(63、須坂市北横町)が寄進した。
 回向柱は、御開帳のシンボル的な存在。期間中は「前立(まえだち)本尊」と結ばれることで、本尊に触れるのと同じご利益があるとされている。
 小林さんは、代々受け継いできた大切な杉が「回向柱として活躍できることはうれしい」と話していた。

 

TOPへもどる