須坂新聞WEBサイト 須坂初のJリーガー走り続けた18年~引退を決めた高橋義希選手
須坂新聞
今日は何の日
1月27日(木)
●国旗制定記念日
国旗協会が制定。1870(明治3)年、太政官布告第57号の「商船規則」で、国旗のデザインや規格が定められました。当時の規格は、縦横の比率は7:10で、日の丸が旗の中心から旗ざお側に横の長さの100分の1ずれた位置とされていましたが、現在は、1999年8月13日に公布・施行された「国旗国歌法」により、縦横の比率は2:3、日の丸の直径は縦の長さの5分の3、日の丸は旗の中心の位置となっています。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス
須坂新聞
ニュースヘッドライン
須坂初のJリーガー走り続けた18年~引退を決めた高橋義希選手(2022.01.08)

 MF高橋義希選手はプロ18年のうち、計16年間走り続けたサガン鳥栖で現役引退を決意した。

 「まだプレーできる自信はある」と他クラブへの移籍も含めて「悩んだ末の決断だった」とした上で、「寂しさはあるが、この決断に悔いのないよう、これからいろんなことにチャレンジしていきたい」と決意を新たにしている。
 サイドハーフやボランチとして抜群の走力でチームをけん引。Jリーグが2015年に導入したトラッキングデータの(1試合の)走行距離部門では、16年シーズンから3年連続でトップの数字を記録。中でも16年10月の横浜M戦でマークした1試合14.583kmは今でも歴代1位と、Jリーグでナンバー1の運動量を誇った。
 「チームの戦術を自分なりに理解して動いただけ。クラブのため、サポーターのために最後まで走り続けた結果」と高橋さん。「(走ったから)試合に勝てるというものではないが、自分の持ち味でもあるので、記録として残ることはうれしい」と喜ぶ。
 今後はクラブ職員としてサガン鳥栖に残ることが決まっている。どんな活動をしていくかは未定とするが、「クラブをより知ってもらえるように、子どもたちに『鳥栖の選手になりたい』と思ってもらえるようなクラブにしていきたい」と決意している。
 一方で、「所属は鳥栖だが、出身の須坂の役に立てればとも思っている」とする。
 引退を決めてから各方面に報告に行った際には、「本当に多くの方に応援してもらっていたんだということを感じた」という。「その期待に応えられたかは分からないが、須坂から出たJリーグの選手として、プロで18年間プレーできて、(地元の子どもたちに)自分たちでもJリーガーになれるんだと思ってもらえたり、子どもたちの目標の一つになれたのならうれしい」と話した。

 

TOPへもどる