須坂新聞WEBサイト アルクマ登場に大喜び~小山小の「にこにこタイム」
須坂新聞
今日は何の日
8月19日(金)
●俳句の日
正岡子規研究家の坪内稔典さんらの提唱で1991(平成3)年に制定。「は(8)い(1)く(9)」の語呂合わせ。夏休み中の子ども達に俳句に親しんでもらう日。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス
新聞DVD
須坂新聞
ニュースヘッドライン
アルクマ登場に大喜び~小山小の「にこにこタイム」(2022.07.29)

 小山小学校(351人)に21日、県PRキャラクター「アルクマ」が児童に予告なく訪れた。

 1時間目の授業が始まる前のわずかな時間「にこにこタイム」に、同校の視聴覚室から各教室に向けて生出演。“サプライズ”で元気をもらった児童たちは、軽快に一日の生活をスタートした。
 スクリーンにアルクマが登場すると、それぞれの教室で「かわいい!」「アルクマだ!」と大喜び。アルクマは養護の高波佳美教諭を通じてクイズを出題した。アルクマの好きな食べ物は「リンゴ」、体重は「リンゴ70個分ぐらい」と知った児童たちの表情がマスク越に緩んだ。
 「にこにこタイム」は4年ほど前から、子どもたちが学校に来たくなるお楽しみ企画として、3カ月に1回ほどのペースで開いている。毎回ゲストを迎え、多くは先生たちが戦隊ヒーローや芸人、人気タレントなどに扮(ふん)して登場する。職員の発案からアルクマの来校が実現した。
 この日、クラスごとにアルクマと記念撮影をする予定だったが、コロナ感染防止に配慮して中止した。
 桂本和弘校長は「にこにこタイムをきっかけに、先生と児童の間に会話も増える。子どもたちが、夏休みも学校へ行きたいと思ってくれたらいいですね」と話していた。

 

TOPへもどる