須坂新聞WEBサイト 【須坂高校創立100周年】文化部が記念展開催
須坂新聞
今日は何の日
3月5日(火)
●珊瑚の日
「さん(3)ご(5)」の語呂合わせと、珊瑚が3月の誕生石であることから。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス
新聞DVD
須坂新聞
ニュースヘッドライン
【須坂高校創立100周年】文化部が記念展開催(2023.11.25)

 今年創立100周年を迎えた須坂高校の書道部と美術部が記念作品展を開催、節目の年に彩りを添えている。

 書道部は、11月27日まで長野市北石堂町の書道用品店「越前屋」2階スペースで同窓生6人と在校生11人が約30点を展示している。
 作品展は毎年の「りんどう祭」で開催していたが、今回は学校創立100周年ということもあり、多くの人たちに作品を見てもらおうと、初めて外部で実施した。
 会場には額装の書道作品のほか、今年6月30日~7月2日に開催した「りんどう祭」でのパフォーマンス作品(縦3.2m×横5.4m)や、同祭で生徒が身につけ、背中に書道部員が役職名や名前を書いた法被も展示。額装は全て生徒が裏打ちして張り込みの表具をするなど、手作りの作品展となっており、訪れた人たちに、須坂高校のモットーである「熱・意気・ガリ」の心を伝えている。
 また、同店入り口ではウインドー越しに同祭での書道パフォーマンスを紹介する映像が流れており、その映像を見た同窓生が2階の展示会場まで足を運ぶケースもあるという。入場無料。開場時間は午前11時~午後6時、最終日は3時まで。
 なお、書道部の出品者は次の11人。
 ▽3年生 松山もも(部長) 峯村成実 井戸井風果 岩崎結奈 山岸瑛美▽2年生 岡田結希 丸山陽香▽1年生 生駒ひよ莉 北村結菜 杉本優 髙澤美優   
    ◇
 美術部は、創立100周年記念事業の目玉としてリノベーション(改修)が完了し、12月1日にプレオープンする図書館を会場に、同日から3日まで同窓生約20人による「チャリティー美術展」を開き、約30点を展示・販売する。
 作品は同窓生が全て無償提供したもので、売り上げの全額が同窓会への寄付として100周年記念事業の活動資金に充てられる。
 出品者は昭和5年3月卒業の旧制3回生(故人)から卒業まもない高校71回生まで幅広く、作品の種類も洋画・日本画・版画・デザインなど多彩。
 美術部顧問で同展事務局の齋藤澄人教諭(高校35回生)は「個性豊かな作品が勢ぞろいしています。作品の価格はお買い求めやすく設定させていただきますので、皆さんでご来場いただき、須坂高校の将来のためにご支援ご協力をお願いします」と呼び掛けている。
 入場無料。開場時間は1日が午後4時(プレオープンイベント)~6時、2日が午後2時~5時、3日が午前10時~午後1時。問い合わせは須坂高校☎026-245-0334まで。

 

TOPへもどる