須坂新聞WEBサイト 【須坂警察署】警察犬に3匹を委嘱
須坂新聞
今日は何の日
3月5日(火)
●珊瑚の日
「さん(3)ご(5)」の語呂合わせと、珊瑚が3月の誕生石であることから。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス
新聞DVD
須坂新聞
ニュースヘッドライン
【須坂警察署】警察犬に3匹を委嘱(2024.02.03)

 須坂警察署は1月31日、行方不明者の捜索などを行う「県警嘱託警察犬」の委嘱式を同署で開き、1匹を飼育する山崎周二さん(高山村千本松/65、会社員)、2匹を飼育する遠山景行(ひろゆき)さん(須坂市仁礼町/39、ドッグカントリーMEG経営)に、羽毛田孝一署長が嘱託書を手渡した。

 山崎さんが飼育する犬は5歳4カ月・オスのシェパード「ヴォルフィンク・オブ・S・ウイスタリア号=愛称リュウ」。通算38年目の委嘱(今までに172回出動)で、リュウは5年目になる。
 遠山さんが飼育する犬は7歳5カ月・メスのシェパード「ユル・フォン・ミナト・ツネイシ号=愛称ユル」、その子どもで3歳6カ月・メスのシェパード「ノーラ・フォン・ミナト・ツネイシ号=愛称ノーラ」。遠山さんは長野市大豆島でペット店を営み、犬の訓練士として活動する。通算12年目の委嘱(今までに7回出動)で、ユルは7年目、ノーラは3年目になる。
 昨年はリュウが1回出動。山崎さんと遠山さんは「出動の要請があれば1秒でも早く現場に駆けつけ、警察の活動に貢献していきたい」と話している。
 なお、今年県内では20匹(このうち北信で5匹)に委嘱した。

 

TOPへもどる