須坂新聞WEBサイト 【須坂みんなの花火大会の駐車場】アプリを活用し、事前予約制に
須坂新聞
今日は何の日
7月13日(土)
●オカルト記念日
1974(昭和49)年、映画「エクソシスト」が日本で初公開され、オカルトブームの火付け役となりました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス
新聞DVD
須坂新聞
ニュースヘッドライン
【須坂みんなの花火大会の駐車場】アプリを活用し、事前予約制に(2024.07.06)

 須坂市花火大会実行委員会(実行委員長=神林章須坂商工会議所会頭)は7月21日に百々川緑地公園で開催する「第37回須坂みんなの花火大会」の駐車場について、駐車場予約アプリ「アキッパ」を活用した事前予約制を初導入する。

 花火大会は須坂の夏の風物詩として毎年市内外から多くの来場者があり、とりわけ、コロナが5類に移行した昨年は、近年では最も多い推定15,000人が訪れた。
 その一方、会場周辺の駐車場には限りがあることから、駐車できない車両による渋滞や路上駐車が毎年の課題となっていた。
 このため、実行委員会では渋滞の緩和や路上駐車をなくすには抜本的な対策が必要と判断。事前予約制を導入すると共に、同委員会が確保する会場周辺の駐車場を300台以上増やして1,257台に拡大した。
 アキッパは今までに諏訪湖や茨城県土浦市の花火大会などで活用され、成果を上げているという。
 駐車場代(環境整備協力金)は会場までの距離により4種類((1)2,500円(2)2,000円(3)1,000円(4)700円)を設定した。
 アキッパは同委員会事務局の須坂商工会議所のホームページなどから入手でき、駐車券の購入と発行を行う。7月4日現在で100人以上が申し込み、中には東京都や埼玉県の人もいるという。
 問い合わせは須坂商工会議所☎026-245-0031またはホームページで。

 

TOPへもどる