須坂新聞WEBサイト 須坂創成高が全国大会出場へ《電卓》
須坂新聞
今日は何の日
7月13日(土)
●オカルト記念日
1974(昭和49)年、映画「エクソシスト」が日本で初公開され、オカルトブームの火付け役となりました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス
新聞DVD
須坂新聞
ニュースヘッドライン
須坂創成高が全国大会出場へ《電卓》(2024.07.06)

 6月に塩尻市で開かれた第24回県高校商業総合競技大会で、須坂創成高校商業科の珠算・電卓部の生徒が好成績を挙げ、全国大会出場を決めた。

 電卓競技は団体総合で3年連続の優勝を果たした。珠算競技では3年の西澤修さん(長野市)が個人総合2位に入賞した。全国大会は7月30日、神奈川県の横浜武道館で行われる。
 大会では電卓やそろばんを使って掛け算や割り算、見取り算を解く「普通計算」、利子などを求める「応用計算」の正確性や速さを競った。
 電卓の団体は、各校のチームで個人総合競技上位3人の合計得点で順位を決めた。同校の田尻なつみさん(2年、中野市)が個人総合1位、諏訪部里菜さん(3年、長野市)と渡邉美音(みお)さん(3年、中野市)が同率2位、小池那緒さん(3年、長野市)が4位となり、優勝した。
 田尻さんは「今までの努力が成果につながった。全国大会でも最大限力を出し切りたい」。諏訪部さんは「3年間で一番高い点数を取れてうれしい。全国でもいい結果を残せるようしっかり練習したい」と話した。
 渡邉さんは県大会の反省を踏まえ、「全国は最後の大会になる。緊張してもできる問題は必ず解きたい」。小池さんは「落ち着いて競技に臨めたのが良かった。全国大会に向けて成績を伸ばせるよう練習に力を入れたい」と目標を掲げた。
 珠算競技に出場する西澤さんは部活の強化合宿で他校の生徒と自分の実力の差を痛感し、練習に励んだという。「実力差を埋めるために努力した成果が出たと思う。全国大会でも精いっぱいがんばりたい」と意気込む。
 電卓競技には3人が出場。個人表彰の対象にもなる。

 

TOPへもどる