須坂新聞WEBサイト 【上八町史跡保存会】全国善行賞を受賞
須坂新聞
今日は何の日
6月18日(火)
●海外移住の日
総理府(現在の内閣府)が1966(昭和41)年に制定。国際協力事業団移住事業部が実施。1908(明治41)年、本格的な海外移住の第一陣781人を乗せた笠戸丸が、ブラジルのサントス港に到着しました。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
【上八町史跡保存会】全国善行賞を受賞(2008.12.08)

 上八町史跡保存会(神林啓助会長)は2日、須坂市役所を訪れ、全国善行賞の受賞を報告した。同保存会は県指定文化財(史跡)である「八丁鎧塚古墳」の草刈りや清掃などの整備活動に長年尽力してきた功績が認められた。表彰式は11月21日、東京都の明治神宮で行われた。

 この賞は、善行精神の普及と実践を通じて明るい社会環境づくりに努める(社)日本善行会が、個人や団体の善行をたたえて表彰するもの。春秋の年2回行い、今回は全国で724の個人と団体(県内では3個人、3団体)が受賞した。
 同保存会は平成7年に設立。上八町全区民が会員で、同古墳を地元として大切に保存し区民総出で整備しよう―と活動してきた。役員が中心となり、草刈りやごみ拾いを行うほか、見学者の案内や同古墳への理解を深めるための講演会や研修会も開催してきた。
 神林会長は「十数年にわたる地道な努力が認められた。これを励みに今後も努力をしていきたい」と、受賞の喜びを話した。

 

TOPへもどる